スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイダイ染めとデモクラシー(無関係)。

お正月休みに、ふとタイダイ染めをしたくなったので

ネットで調べてやってみた。

タイダイのやり方はいろいろとあるようなので、

ご自身で検索して参考にしてください。


RIMG2086.jpg
用意するもの。

○タイで洗濯していて灰色がちになってしまった白いTシャツ

○染料(たまたま家にあったので、今回はアクリル絵の具を使用)

○染料分のアプリケーター

○タコ糸(今回はゴム紐を使用)

○桶、のようなもの


RIMG2089.jpg
1.Tシャツを水に浸し、真ん中あたりをつまむ。

RIMG2090.jpg
2.軽くしぼり、ねじる。おそらく、このときのしぼり加減・ねじり加減は模様に影響すると思う。

RIMG2091.jpg
3.チャーシューを作るときのように、強く縛る。強く縛るのが重要。

RIMG2092.jpg
4.染料をアプリケーターに入れる。

RIMG2093.jpg
5.セクションごとに染料を染み込ませる。つゆだく位が良い。

RIMG2099.jpg
6.プールサイドで日光浴させて染料を乾かす。

RIMG2102.jpg
7.ある程度乾いたら、手洗いして干す。



・・・とまあ、こんな感じで。

アクリル絵の具は、乾くと色落ちすることがない。

しかし、濃度が高いとパリパリになってヒビが入る。

そのさじ加減が今後の課題だ。


まあ、初めてにしてはよくできたな。

さっそく、息子のロンパースもタイダイにした。



・・・・・ちなみに、私は大学で哲学を専攻していたが、

本当は美術系の大学にも興味があった。

アメリカの高校でもアートクラスだったので、

先生が推薦状を書いてくれると言ったのだが、

私は行かなかった。


それはただ単に、当時は美大を卒業したあとの就職先がイメージできなかったからだ。



この間、Facebookにアカウントを作って

アメリカの高校時代のアートクラスの友達を検索してみた。

彼は、美大を卒業して

彫り師さん、になっていた。



それだけ。



ではまた、ご自愛ください。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~ん、Tune In、Turn On、Drop Outって感じ?

No title

○ヨシベロさん
しいて言えば、プーリャプーリャプップリプーって感じです。
何回か繰り返せばコツはつかめそうです。
プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。