FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しなやかな身体としての日本語

自由が丘駅までの散歩道、

私の心に柔らかく覆いかぶさる黒板のお品書き。



気まぐれ、である。

気まぐれにしては、律義すぎないか。

私はめまいがした。

こんなところに、彼岸への扉は実存的に口をポカーンと空けて私にコサックダンスを見せてくれるのである。

気まぐれ、ああなんと素敵な日本語であろう。

曖昧なものを嫌悪する、作家高村薫さんにいつか使っていただきたい愛する日本語。

もしも私がこのお店の店主だったらなんと書いていたであろう。

おそらく、イラストは描かない。

黒板にきっぱりと走り書きをすることであろう。

「適当」

それこそが、気まぐれに対する真摯なアティチュードであり、

質感、である。



.....鶯谷、あるイタリアンレストランでシェフの気まぐれサラダをオーダー、

運ばれてきたのは、

下駄の上にぞんざいにのせられたロケットサラダのようなもの。

私はつぶやくであろう。

気まぐれしやがって。

それこそが気まぐれとの正しい付き合い方だ。


どうでもいいが。


ではまた、ご自愛ください。
スポンサーサイト
プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。