スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE LIGHT AT THE END OF THE TUNNEL

ワイフは、自らを「ネオンのオンナ」と称している。

タイ北部に旅行に連れて行ったときも、

「ネオンが恋しい・・・・・」とおっしゃった。

(ちなみに、海も好きではない。メンドクセーな。←陰の声)


そんなわけで、

ワイフと娘をパッポンにつれて行ってみた。

というのも、

この間ひとりで行ったお店をみんなで体験したかったからだ。


パッポン・ソイ2、

フードランドというスーパーの横に駐車場がある。

RIMG1115.jpg
ここのスロープを歩いて上っていく。

RIMG1108.jpg
すでにここは異界の入り口だ。

RIMG1104.jpg
上りきると、目の前に看板がある。

最初ここにきたとき、めまいがした。

ここはもう、タイではない。

RIMG1097.jpg
居心地のいい空間。

RIMG1083.jpg
つくね3串80バーツ(約216円)。

RIMG1085.jpg
鳥かわ3串80バーツ。

付け合わせのキャベツがうれしい。

RIMG1099.jpg
お釣りでもらえるお友達。

ワイフも大満足。

RIMG1121.jpg
そして、パッポン・ソイ2を冷やかす。

RIMG1122.jpg
エグい下着屋さん。

RIMG1127.jpg
パッポン通りへ。

RIMG1132.jpg
パッポン通りは、

道の両側にゴーゴーバーがひしめき

露店が3つの通り道をつくっている。

RIMG1136.jpg
超プッシー。

RIMG1137.jpg
キングス・グループのフラッグショップ、

キングス・コーナー。

RIMG1139.jpg
キングス2。

踊るオネエサン。

RIMG1142.jpg
家族でおバカなサングラスを購入。

ひとつ200バーツ(約540円)。

RIMG1146.jpg
出口のところにいるトゥクトゥクに乗ると、

タクシーに乗るよりも3倍ほどの料金を支払うことになる。




まあ、そんな感じで。



異空間はオススメです。



ではまた、ご自愛ください。






スポンサーサイト
プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。