スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城壁にやられる。

ヒトにはいろいろな嗜好があって然るべきだが、

やはり当人でないと理解できないものもある。

私にとって、

これはどうなのかと思うもののひとつに


「お城ずき」


がある。

建造物としてのお城に、

斯界のお侍さんたちはこぞって

情熱を傾けるのだ。


「このお城、いいね」

「うん、ここのとこの、ソリがいい味だしているよね」

「うんうんうん。荘厳さ、を感じるよ」

「見晴らしが、ね。うんうん」

「そうそう。にしても城壁にやられちゃうなぁ」


・・・おそらくこんな会話がなされていることだろう。

たしかお笑い芸人の方々にもお城好きは存在し、

少し前から、歴史が好きな女性を称して

レキジョ

などという言葉もしばしば聞かれるようになった。


お城好きが、市民権を得たのだ。


だからといって、どうというわけではないのだが

私のまわりを思い返してみれば、

そういえば東京でもそんなお客様がいたのだ。


・・・一見、さわやかなテニスボーイのような

アウトドアも似合うお客様だったが、

彼の趣味は

「お城のプラモデルをつくること」

だった。

シビレました。

最初は茶店のような

小さな建物のプラモデルからはじまり、

最終的には、天守閣へと向かうものらしい。


「やっぱり天守閣でしょう」


・・・同意を求められても、困るんだけど。

彼はいままでありとあらゆるお城をつくってきたらしい。

私は、

そんなにつくったらかさばるじゃないか、

という心配をしてしまった。

・・・だが、

これからが彼の真骨頂だ。



月日をかけてつくりあげた天守閣をどうするのかというと、


「燃やす」


これが彼の本来の目的である。

お城が燃えていくさまを見るのが好きらしい。

あらかじめ油をしみこませたティッシュなどを

お城のなかに仕込んでおくと、

障子窓から火がふいて迫力満点、だそうだ。


「燃えているお城を眺めながら、

放心するお姫様、

慌てふためく家来たち、

お殿様切腹、

なんてことを想像するんですよ」


・・・・・燃えるお城に萌えるヒト。

RIMG0628.jpg




そうして私は、

自分の置かれているポジションを

再確認することになる。


なんだかなぁ。



ではまた、ご自愛ください。



タイブログランキングのところは、毎日読んだらクリックお願いいたします。1日1クリックです。別にクリックしたからって、前田吟に無心されることにはならないので。あなたの1クリックでこのブログのランキングが上位にいくようになり、さらに多くの方々に読んでもらえることになります。

そのために、1日1クリック、

よろしくお願いいたします。




(ココ ↓ をクリックすると、虹が見れるよ。よろしくお願いしマース。)
タイ・ブログランキング





スポンサーサイト
プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。