FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタク・ストロングスタイル

毎年、iPhoneの新しいモデルが発売される。

毎回待ち焦がれている方も多いのではないか。

.......。

待ち焦がれる.......

そもそも携帯電話を待ち焦がれる、

という現象に違和感を感じるお方も多いかもしれない。

相手は電話である。

と、書いてしまうとそれもまた危険な発言かもしれない。

では、

なんと携帯電話である

はどうか。

それも少しシャッチョコバッていて

ドカベンのイワキのストライクゾーン的に感じる。


.....結局何が言いたいかというと、

私はバンコク在住中に

携帯電話オタクの方々のオフ会に参加させてもらったのだ。

その、

彼らの途轍もない奥行きの宇宙を垣間見させていただき、

めまいを抑えられなかったのである。

この場合、

携帯電話コレクター

というべきであろうか。

いずれにせよ、

携帯電話にぬくもりを感じている熱い方々のジャンボリーは

ただならぬ異界の匣なのだ。


.....日本以外の携帯電話は、

電話番号などの情報が入っているSIMカードを

キャリアーに関係なく換装することができる。

いわゆるSIMフリーが世界のスタンダードである。

SIMカードを入れ替えすればどの携帯電話も使えるので、

ここに携帯電話フリークなるガジェット好きが生まれてくる。

日本にはない文化だ。



.....バンコクで担当していたお客様の中に

携帯電話フリークの方がいらっしゃった。

そのお客様から

近々バンコクで携帯電話のオフ会が行われる

という情報を教えてもらった。

どうやらネットの掲示板で

携帯電話好きの方々が、

あーでもないこーでもないと

携帯電話について語っているようなのだ。

むかし、

砂に埋もれている女性フェチ

というフェティシズムを知ったとき以来の衝撃だった。

私はそのお客様にお願いして、

そのオフ会に随行させていただいたのだ。


...そのオフ会は、

バンコクのある焼肉屋さんで開催された。

バンコク在住の方、

タイの地方都市の方、

タイ周辺国の方、

わざわざこのオフ会のために集まってきた、

総勢約20名。

香港から来られた方はこの会の重鎮らしく、

携帯電話についての書籍も刊行しているそうで

なんと携帯電話を1000台所有しているとのこと。


大変なところに来てしまった......。


私はすでに彼岸と此岸の綱渡りの上にいた。


...オフ会の参加者は、

それぞれ席に着くと、

目の前に自分のお気に入りの携帯電話を並べ始める。

私のお客様によると、

一人平均20台くらいは所有しているらしい。

会の進行らしきものはない。

参加者は目の前に置かれた自分の携帯電話を手に取り、

これはこうこうでこうだから、

などとその携帯電話のスペックなどをボソボソとつぶやきはじめる。

みんながみんなそんな感じだ。

そして、

誰かがつぶやいたある言葉に興味を持ったりすると、

それについて周りがそのことについて語り始める。

ほどなくすると、

また一人語りの世界に各々戻っていく。

シュールだが、

私の想像通りの昔ながらのオタク・ストロングスタイルだ。

寄せる波

返す波

で、オフ会は淡々と漂う。


...この会の締めは、

よくある集合写真で終わるわけでもない。

集合写真

ではあるのだが、

携帯電話の集合写真を撮影してお開きになるのだ。

1000台所有の重鎮が、

参加者の自慢の携帯電話を

見映えを考えて配置していく。
2018012501.jpg

素人の私にはまったくわからないこだわりで整然と配置されていく携帯電話。

わたしもここぞとばかりに、

一緒に並べてほしいのですが、

と、持参してきたものを横に並べさせてもらった。

2018012502.jpg

ネパールで購入したガネーシャのマトリョーシカ。

うん、いつものリズムだ。



.....日常生活の中にも、

あらゆる場所に

彼岸へといざなうひずみが口を開けている。

私は逆らうことなく、

これからもひずみに身を任せてたゆたっていこうと思う。


ではまた、ご自愛ください。











ニンニン



スポンサーサイト

プルマイストリングス。

先日、一時帰国してきた。 

そのときに絶対行ってみたいお店があった。

それは、歌舞伎町1丁目にある、

石丸元章 耳かき店だ。

石丸元章先生は、 

斯界の住人にはたまらない、 

業の深い作家さんである。

耳かき店は、

今年から毎週水曜日、朝10時から夕方まで

ゴールデン街よりも歴史のある雑居ビル群の中で

営業をはじめた。

といっても、

実際に耳かきはしないと思うけど。



お店に向かう途中、

道ばたで、石丸先生と遭う。

お客様が来ないから

街をパトロールするところだったようだ。



絶対にたどり着けないビルの二階に

耳かき店はあった。

他にお客様が来ることもなく、

私と石丸先生はカウンター越しに向かい合う。


想像してほしい。

昔から大好きで作家として尊敬している方と

初対面で向かい合って共通の話題を模索している

頭の中が真っ白な私を。

これは、密室殺人、のような感覚だった。

せめて

犬か猫でもいてくれたなら。

そんな贅沢で貴重な昼下がりだった。


あるパーティーのときに

イラストレーター面した新井薫子の顔の前で

夏を待ちきらなくて~

とアイドルバリバリの振り付けで歌ったときの私くらいに

お酒が入っていたら、

状況はまた違ったことであろう。
R0015883.jpg



石丸先生に、 

「こういうところは腰を落ち着けて飲むよりも

 何軒かまわった方が面白いよ」

と言われ

耳かき店の真下にある

寺子屋というお店を紹介してもらう。

そこはVシネマなどでご活躍されている

工藤翔子さんが10年以上切り盛りしているお店だ。

老舗だけあって

カウンターには5,6人のお客様が随時入れ替わっていた。



二杯目のお湯割りを飲んでいると

泥酔状態の芸人さんが友人と来店。

みょーちゃんだ。



程なくして場が落ち着くと、

みょーちゃんがおもむろに

店主の翔子さんから借りた工作用のハサミを私に差し出し、

カットしてほしい

と言ってきた。

私も程よい気分になっていたので、

隣に座っていた石丸先生宅に居候しているカメラマンの方に

私のカメラでカットしているところを撮影してほしいとお願いした。
R0015890.jpg
(カウンター左端がみょーちゃん、右端にカメラマン)


R0015903.jpg
かくして、

プロの芸人さんを

プロの美容師が

錆びた工作用ハサミでカットしているところを

プロの写真家が撮影する

という

歌舞伎町路地裏のコラボレーション。




実は、

この写真家の方のことは前から知っていた。

石丸先生のTwitterにときどき名前が出てくる。


R0015905.jpg

R0015923.jpg

もはや私のGRで撮影したなどとはわからない。

構図

光の取り入れかた

瞬間の切り取り



適当に何枚か撮っておいたから、

と写真家の方からGRを返してもらって

画像を確認して

私は、いつものごとく鳥肌が立った。




そんな業の深い方々が集まる街です。




ちなみに、

その写真家の方は

シャッターひと押し300万円のギャラなんだそうだ。


30枚以上撮影してもらったから

ざっと1億円ほどになるね。



よくわかんない。




ではまた、ご自愛ください。









かわったかたちの水。

なにげに自分のブログを読み返してみた。

といっても、

「スーパースター列伝、なぞ」

のカテゴリーだけなのであるが。


バンコクでは違った種類の香ばしい方には遭遇するが、

日本の愛すべき人たちとはちょっと違う。

それはおそらく、

バンコクにはあるくくりの方しか住んでいないからであろう。

日本のオールマイティーさは、シビれる。

まあそれをシビれると感じるかどうかは別の問題なのだが。



・・・前置きが長くなってしまった。

このカテゴリーのブログを読んでいるときに、

ある重要なことに気がついたのだ。

実は、

ずっと書けないでいる愛すべき人の存在のことである。

書かない、のではなく、書けないのだ。

どういうことかというと

わたしの筆力が彼に届かないのだ。

つまり、

わたしの言葉で彼を表現することに限界を感じてしまう、ということだ。

(前置きはまだ続く)

思えば、文学部のハシクレとして

文筆業に就くことを夢見たことも少なくない。

しかし、どうにも踏み切れなかった。

なぜか。

それは、村上龍さんの圧倒的な筆力にやっつけられたからだ。

例えばそれは、

芸術家を目指していて、ゴッホによってつまづく、

というのとは少し違う。


村上龍さんに対しては

知らされる、という感覚なのだろう。


まあそこいらへんのことはよしとして
(相変わらずの投げっぱなしジャーマン)

自分では表現しきれない人がいる。

ただ、それだけのことだ。



もう少し様子をみてから書くことにします。


スーパースター列伝、なぞ


よかったら読んでみてください。




ではまた、ご自愛ください。







私の彼は、意味がない。

お客様に聞いて面白かったお話。


・・・・・京子さん(仮名)が大学生のときのこと。

当時お付き合いしていた彼は

かなりのイケ面で、

いつもみんなのイニシアティブをとるような

誰からも好かれるようなナイスガイだった。

そんなところが、

京子さんの気に入った(朝吹登志子的文体)。


・・・しかし、

半年ほど付き合ったころに彼が豹変しはじめた。

彼は

赤ちゃん言葉を使うようになったのだ。


彼:「キョウコタンはどこに行きたいでチュカ?」

  「映画は何が観たいでチュカ?」
 
  「オナカはすいてないでチュカ?」


重症である。

みんなの前では彼は相変わらず取り仕切っている

さわやかキャラなのに、

京子さんの前だけはなぜか赤ちゃん言葉だ。

京子さんにはそれがとても嫌だった。

ドライブに行っても赤ちゃん言葉で話しかけてくるので

何度も途中で一人で帰ってしまうこともあった。

それでも彼は赤ちゃん言葉をやめない。

やめないどころか

段々ひどくなってきているようだった。


彼:「怒んないでクダチャイ」

  「ゴメンナチャイゴメンナチャイ」

  「帰んないでくだチャイ」

(書いていて、おかしくなりそうだ)


・・・京子さんにも

徐々に変化が出てくる。


ふたりでラーメン屋さんに行ったときのこと。

例のごとく赤ちゃん言葉の彼、

彼:「キョウコタンは何ラーメンにしまチュカ?」

京子さん:「ケーキ」


・・・・・。


彼:「え~~~どうチマチョどうチマチョ、困りマチタ困りマチタ!」


京子さんは自分の性格が、

段々とキツくなっていったことに気づく。

そんな自分がイヤになり、

京子さんは彼と別れることにしたそうだ。



[ 賢蔵的解釈 ]

ここで少し考えてみたい。

彼はなぜ豹変してしまったのであろうか。

付き合いを重ねて狎れ合うにしても度が過ぎることだ。

私が思うに

それは、

彼にとって理想の女性を見つけた瞬間から豹変したものと思われる。

説明を補足しよう。

彼にとっての理想の女性とは何か。


それは、おそらく女王様のことだ。


彼は京子さんの中に女王様の素質を見出したものと思われる。

つまり、

彼は京子さんを女王様として「調教」していたのだ。

京子さんが怒れば怒るほど、

彼の理想像に近づいていたわけだ。

京子さんの性格がキツくなればキツくなるほど、

彼は恍惚の表情を見せることになるであろう。


・・・・・。


おそろしい。




・・・私のモデルさんにも

SM嬢のようなお方が二人ほどいた。

彼女たちを見ていると

SMというものの解釈が

世間一般とは乖離しているように思えて仕方ない。


ドMとかドSとか使うお侍さんがいるが、

それはSM的世界観にしてみると

ちょっと矛盾しているように感じる。



それはなぜかというのはまた今度。




ではまた、ご自愛ください。





びゅーちふるでらぶりーな毒歌の群れ。

・・・・・日本にいたときのこと。

深夜のテレビで仁侠映画が放送されていた。

主役はたしか北大路欣也で、

映画の内容は覚えていない。

ただ、その映画のなかで

私は衝撃的な歌に出会った。


何と表現したらよいのであろう、

「退廃を賛美する歌」

とでも言えばよいのであろうか。

私はその歌を聴いたときめまいがした。


・・・調べてみると、歌っていたのは

野坂昭如さんだった。

私はそれを知って、まためまいがした。

朝まで生テレビをかき回し、

壇上で大島渚をぶん殴り、

そしてなぜか「火垂の墓」の

あの野坂昭如さんだったとは(舞台的驚愕)!!

歌われていた曲は

「マリリン・モンロー・ノー・リターン」

というものだ。

・・・・・・

■マリリン・モンロー・ノー・リターン

この世はもうじきおしまいだ

あの街この街 鐘が鳴る

せつないせつないこの夜を

どうするどうするあなたなら


マリリン・モンロー

ノー・リターン

ノー・リターン

ノー・リターン


・・・・・・


なんなんだこの歌は。

ちなみに、歌詞は6番まであり

いちいちシビれる歌詞になっている。


マリリン・モンロー・ノー・リターン


ほどなくして

私は彼のCDを購入した。

RIMG5265.jpg

・・・この油断ならない恍惚とした顔はなんだ。

私は何かに飢えを感じるかのごとく

CDに聴き入る。

彼の歌う曲のほとんどは、

能吉利人 作詞

桜井順  作曲

となっている。

能吉氏の歌詞はどれもすばらしい。


・・・・・

■花ざかりの森

花ざかりの森に ハゲタカがやってくる

目玉も肉もズタズタ 屍がひとつ

春は夏に犯されて 夏は秋に殺される

秋はひとりでおいぼれて

ああ冬がみんなを埋める

桜の樹の下に 桜の樹の下に


・・・・・・・・


ナルシスティックに

野坂氏は高らかと歌い上げる。



このCDは、

鋭い刃物でスパっと斬り込んでくるわけではなく

むしろ

鈍い切れ味の何かでズブブっとカラダに押し滑らされた感覚だ。

傷跡は、治りにくい。

油断は、禁物だ。



涅槃の声を聴きたい方はお試しあれ。



ではまた、ご自愛ください。




プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。