FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンク・ガイと内弁慶コメットさん。

久しぶりのヘビー級リコメンドである。

まあ私は、

無理に毎日だらだらと書くことがないからね。

と、さりげなく。



.......お客様からの情報で

SUSTAINA(以下、サスティナ)には個室がある

ということを教えてもらった。

サスティナはソイ37(でいいのだろうか、39につながっている細い道)

にある、オーガニック野菜のお店だ。

一階では、主にオーガニック野菜やオーガニック商品を販売している。

二階はレストランになっていて、

佐藤シェフによる日本フュージョン料理が楽しめる。


そして、

三階には、個室がある。知らなかった。

R0016013.jpg
結婚式の待合室のようなお部屋(ワイフ命名)。

R0016058.jpg
タンク・ガイや内弁慶コメットさんが一緒でも大丈夫。


R0016018.jpg
まずは、野菜のお造りにやっつけられる。

R0016022.jpg
本気印の、おつまみさん。

R0016024.jpg
青パパイヤのサラダ。タイ、和、洋、のソースから選べる。

R0016062.jpg
カキと豆腐の味噌和え。

R0016073.jpg
豆腐揚げ。

R0016031.jpg
コメットさんに好評だった、まぐろカツサンド。

R0016045.jpg
私のリコメンド、アジ蕎麦味噌だれ。凄い説得力。

R0016037.jpg
ご飯、原始米。


飲み物も、マーベラス。

R0016049.jpg
ジンジャーソーダ・ウォッカ割。

ショウガを搾って作っている。

ショウガの味が、立っている。


飲み物は何種類かあって、

ウォッカで割るようになっている。



我が家のローテーションの一角を担うことに決定。



強くおすすめいたします。




ではまた、ご自愛ください。







スポンサーサイト

きみたちウオッカ・ボルシチ・ハラショーだね。

先週兄の家族が来タイしたので、

一緒にパタヤへ旅行に出かけた。

駐在されている家族の方々が常宿としているホテル、

CENTARA GRAND MIRAGE BEACH RESORT PATTAYA

実はここ三ヶ月間毎月泊っている。

平日は簡単に予約がとれ、宿泊客もそんなに多くない、

しかも日本人がほとんどいないので快適である。

RIMG3573.jpg
エントランスがすごい。

日本からの旅行者はまずこのエントランスにやっつけられる。

RIMG3570.jpg
コンセプトは、ロストワールドだって。


RIMG3578.jpg
北パタヤのビーチが見渡せ

広大なプール、沢山のウォータースライダー、キッズプール

すべての客室がオーシャンフロント。



RIMG3568.jpg
夜のライトアップもシビれます。



・・・宿泊客の70%はロシア人だと思う。

プールを囲むようにサマーベッドが並んでいる。


そこで、

おかみさ~ん、事件ですよ~。

キッズプールの周りに陣取った私たちのサマーベッドに

ピロシキオバサンが悠然と荷物を置き始めた。

ピロシキオバサンは小さい子も連れていて

「娘が小さいからちょっと使わせろ」

とボルシチ訛りの英語で威嚇してきた。

幸か不幸か、私はこういうことにとても慣れているので

「みんなルールを守って自分の場所を使用しているのだからあそこの奥に行きなさい」

とウオッカばりの英語で抗戦。


ブツブツとビーフストロガノフしながらピロシキオバサンは退散。

私は、その背中に芋焼酎にも似た日本語を投げかけた。


「ついでに北方領土も返せ」



今月の欽どん賞。






ではまた、ご自愛ください。












最強のバミー

昨夜ソイ53にソフトオープンしたウッドボール2号店にて

コテンパンにやっつけられた。

今日は重度の二日酔いで、

カットが冴えている。



・・・二日酔いのときは、カラダに麺を入れたくなる。

ふとしたきっかけで、私の中で最強と思っている

バミーが食べたくなった。




・・・スクムビット・ソイ23、

シノタイタワーから走ってくる道を

ソイ23と交差してもまっすぐ直進。

右側にあるクイッティアオのお店。

ここのバミーは衝撃的においしい。


RIMG3624.jpg

香港で食べた海老ワンタンの幼麺のようなゴシゴシ加減の麺、

トッピングのすばらしさ、

鶏ベースのスッキリとしたスープ。

バンコク最強である。



ここの自家製トッピングはいちいち素晴らしい。

真っ白な魚のすり身ボール

スープを吸わせると格段においしくなる揚げボール

クチュッとした食感がたまらないミニワンタン

豆腐と練り物が合わさったもの

・・・などなど。



私のお店がソイ23にあったときは

お昼は毎日ここで食べていた。

不思議とまったく飽きなかった。



お試しあれ。



ちなみに、

私の中でベスト3は

ここと、

ソイ38の屋台街のカニ身入りバミーと、

ソイ55・57の間にある「セーウ」だ。

でもやっぱりここが圧倒的だけどね。




ではまた、ご自愛ください。







24億人の飢えた目。

・・・・・私はそのお店の存在を聞いた瞬間、

由美かおると森毅がポルカを踊っている光景を垣間見てしまったときのように

めまいがした。

いてもたってもいられなくなった私は、

営業後に家族を連れてそのレストランへとむかった。



・・・ソイ29にほど近いスクムビット通り沿い、

HUNGRY EYE はツマンナそうに店を構えている。

看板を見て、お客様の言っていたことは本当だったことに気づく。


では皆様にも卒倒してもらおう。


RIMG2126.jpg


あらぬところで、インドと中国のコラボレーションである。

なんなんだこれは。



・・・・・店内は予想通り空いていて、

私の心の中で小泉今日子がハミングをはじめた(意味不明)。

メニューをみると、

インド料理と中華料理のフュージョン料理ということではないようだ。


RIMG2129.jpg
春巻き。包んでいる皮がパリパリではなくサクサク。

好きかも。


RIMG2133.jpg
カレーのセット。

まあ普通、悪くない(上から目線)。


RIMG2132.jpg
なぜかネパール料理のモモ。

ここのモモはヒマラヤン(ソイ31のネパール料理店)よりも本格的。



・・・実は、

オーナーがネパール人だった。

春巻きのソースもおそらくネパール料理のものだ。

モモのソースも完璧だ。

ついでにビールが冷たかったので満足。




タイの地で

インドと中国をつなげる

ネパール人



別に感慨はない。




向学心のためにどうぞ。




ではまた、ご自愛ください。








タイダイ染めとデモクラシー(無関係)。

お正月休みに、ふとタイダイ染めをしたくなったので

ネットで調べてやってみた。

タイダイのやり方はいろいろとあるようなので、

ご自身で検索して参考にしてください。


RIMG2086.jpg
用意するもの。

○タイで洗濯していて灰色がちになってしまった白いTシャツ

○染料(たまたま家にあったので、今回はアクリル絵の具を使用)

○染料分のアプリケーター

○タコ糸(今回はゴム紐を使用)

○桶、のようなもの


RIMG2089.jpg
1.Tシャツを水に浸し、真ん中あたりをつまむ。

RIMG2090.jpg
2.軽くしぼり、ねじる。おそらく、このときのしぼり加減・ねじり加減は模様に影響すると思う。

RIMG2091.jpg
3.チャーシューを作るときのように、強く縛る。強く縛るのが重要。

RIMG2092.jpg
4.染料をアプリケーターに入れる。

RIMG2093.jpg
5.セクションごとに染料を染み込ませる。つゆだく位が良い。

RIMG2099.jpg
6.プールサイドで日光浴させて染料を乾かす。

RIMG2102.jpg
7.ある程度乾いたら、手洗いして干す。



・・・とまあ、こんな感じで。

アクリル絵の具は、乾くと色落ちすることがない。

しかし、濃度が高いとパリパリになってヒビが入る。

そのさじ加減が今後の課題だ。


まあ、初めてにしてはよくできたな。

さっそく、息子のロンパースもタイダイにした。



・・・・・ちなみに、私は大学で哲学を専攻していたが、

本当は美術系の大学にも興味があった。

アメリカの高校でもアートクラスだったので、

先生が推薦状を書いてくれると言ったのだが、

私は行かなかった。


それはただ単に、当時は美大を卒業したあとの就職先がイメージできなかったからだ。



この間、Facebookにアカウントを作って

アメリカの高校時代のアートクラスの友達を検索してみた。

彼は、美大を卒業して

彫り師さん、になっていた。



それだけ。



ではまた、ご自愛ください。






プロフィール

猿岡賢蔵

Author:猿岡賢蔵
2005年7月、バンコクに美容室P.I.X.をオープン。2013年5月に本帰国し、2015年4月、学芸大学駅にP.I.X.をオープン。ホームページ作りました。右側のリンクからのぞいてください。

よろしくメガネドラッグ(←意味なし芳一)。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
フォローしてください。
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ \ \ }
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。